テーマ:手作り・ものづくり

Marshall オブジェの制作

先日、ひょんなことから大手楽器メーカーに勤務する友人より「使用しないから」と、マーシャルの真空管とTシャツを頂いたのであります。誠に有難いことです。 自分も、ボケて交換が必要な真空管アンプもなければ、直接パーツとして使用出来る他の環境もない。が、真空管という代物。これはこれでビジュアル的に非常に趣があり、格好良いのであります。 今思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Marshall MG15DFX用フットスイッチの自作&改造

ご承知の通り、価格の安い Marshall MG15DFX は一応2ch仕様ではありますが、何を隠そうクリーントーン/オーバードライブの切り替えは本体のスイッチでしか操作出来ないのであります。 以前ビジュアル改造の最後に書いたように、今回は外付けのフットスイッチを製作してみました。 最近のシルバーフェイスのMGシリーズは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レスポール パーツ交換

昨年の夏前に、気に入ったレスポール・トラディショナルに出会い、久しぶりにギターを購入しました。 実はここ数年 Les Paul Traditional モデルを買おうかと偶にショップを覗いていたのですが、'14 '15 と、どうも個人的にピンと来ず、見送っていたのですが(流石Gibson、色々な冒険とトライをするところは相変わらず好き…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ギター指板の補修

ギターの指板(フィンガー・ボード)は、天然の木材が使用されており、普段から手入れをしていても、木材の個性の違いにより、極まれにクラックが入ることがあります。 今回は、ローズウッド指板のクラックの補修をしました。 補修部位 左下の部分に横方向のクラックが入っているのが判るでしょうか? 用意するものは以下の通り …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FT-857 モービルシャック(電動基台SW併用)

最近の車は昔と違い、機器を後付けするスペースがないですね。特に自分の車は全くといって無いのです。 更に外形がアシンメトリーのFT-857のコントロールパネルをむき出しで設置するのも抵抗があり、ダッシュボードの上に無線機とアンテナ電動基台のコントロールスイッチを取り付けるためのアッパーケースを作成することにしました。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Marshall MG15DFX ビジュアル改造

最近中古で購入したMarshall MG15DFX。お手軽で凄く良いのですが、見た目がどうも自分の持つマーシャルイメージに今一つ届かず、納得のいくビジュアルを追及し、ちょっとした化粧直しを施してみました。 ブランドメイキング/デザインの仕事をしている自分にとって、ブランドイメージの一貫性ある展開は、非常に重要な課題でありま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Ibanez PS10II ペグツマミを交換してみた。

米ロックバンド "KISS" ポール・スタンレーの名を持つギター、Ibanez/ PS10Ⅱ(1995) のペグツマミを変更し、1979オリジナルに近づけてみた。 右の半円のものがPS10IIのオリジナル PS10Ⅱ は良く出来たモデルだとは思うが、ペグのツマミ形状が楕円であり、個人的に、これがずっと引っかかっていた(10Ⅱ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腕時計も衣替えしたい

一つの時計を長く使う事は素晴らしい。しかし自分の場合はTPOに応じて変えてみたり、季節やその日の気分により使い分けることで、自分にメリハリをつけている。同じ時計でもちょっと衣替えするだけで、全く別の時計のように表情を変える。そう、ベルトの交換である。 左がオリジナル 自分は昔から大の腕時計好きである。勿論メカ、デザイン、時計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天体撮影・観測用手元ランプの製作

自分は自宅屋上で天体撮影(勿論お遊びレベル)をする事があるが、その時アイピース群や撮影器具の入ったケース内は常時照らしておきたい。しかし用途にあったものがなく、市販の足元ランプを応用して天体観測用のランプを作ってみた。 星の綺麗な場所へ遠征して撮影や観察を行う場合の手元ランプは、電池式のLED式の赤ランプを使用すればよい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャノン タイマーリモートコントローラー TC-80N3 の改造

少し前にEOS 60Dを購入したのだが、それまでEOS 10Dで使用していたタイマーリモートコントローラー TC-80N3 を使用しようとしたところ、なんとカメラ側のインターフェースが異なることに気付いた。 60D購入時はそのような事は全く考えていなかった。 えぇ~何でぇ~?と思ったものの、こればかりはどうしようもない。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

電子工作/エレクトリックキーヤーを作ってみた。

今日はあいにくの天気ということもあり、久々に家でのんびりする時間が出来たのでメモリー機能付きエレクトリックメッセージキーヤーを制作した。 最近の無線機にはエレクトリックキーヤーが内蔵されているようだが、FT-101ESやFT-301S、TS-690D等、いまだに古い無線機を騙し騙し使用している自分の場合、外付けのエレクトリ…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

iPod touch バッテリー交換

初代 iPod touchのバッテリーの寿命がやってきた。バックライトを使用する動画やアプリの使用では1時間ももたない。そこでバッテリー交換をしてみた。 ネットで購入したバッテリー 普段通勤では文庫本を読みながら音楽を聴くためにiPod touchを愛用している。 すいている時以外は動画をみたりはしないのだが、やはりいざと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Trek Fuel EX7 にSPDペダル装着

あるホームページに、ビンディングペダルで坂もずっと楽に、そして坂が楽しくなるとの記述。 坂が楽しい!? ほんまかいな~と言うことで、久しぶりにSPDペダルを使ってみたくなった。 SPDとは"Shimano Pedaling Dynamics"の略でシマノ独自のビンディングシステムのこと。 もう一台の GARY FI…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

TS-690D修理完了。

数年前からTS-690DのAF GAINが不調。殆ど音が出ない状況となったが、今回修理を試みたところ意外と簡単に治すことが出来た。 実はこのTS-690D、結婚して市川市のマンションに入る時に、非常にコンパクトで、WARCバンドを含むHFと6mのオールモードにオンエア出来、更にゼネカバと、非常に画期的で文句無しのリグだと思…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

KHS F20-Westwood ドライブトレイン改造

車道や舗装道でのスピードに限界を感じ、クランクをギア数の多い(52-39-30T)に変更してみた。同時にBB、フロントディレーラー、前後シフター(グリップシフトからラピッドファイアー)、チェーン、更にスプロケを8sから9sに変更した。 《お願い》 はじめにお断り申し上げますが、本記事は既存パーツによる個人的な勉強とテ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

子供WEB美術館

この世の中の様々な出来事、もの、景色、生き物は子供のピュアな心にどのように映っているのだろうか? この記事、新たな作品が届き次第、毎回更新していこうと思う。 友人が自らの三人の子供の作品を時々メール添付で送ってくれるのだが、これがなんとも言えず凄い。思わずうなってしまう。発想、色使い、ダイナミズム、レイアウト・・・ もしや天才な…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

KHS F20-Westwood ブレーキブースター装着

自分のF20-Westwoodのブレーキ、特にリアブレーキにもっとパワーを! そんな訳で、現代は流行らない手法ではあるが、ブレーキブースターを装着してみた。 以前 《KHS F20-Westwoodでオフロードを走る/2010.8.14》 にも書いたように、自分のF20 Westwoodはブレーキの効きがイマイチ甘い。下…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

真空管ラジオの温もり

真空管(電子管/エレクトロンチューブ)の電化製品には、なんともいえない温もりを感じる。それはオーディオアンプにも言えることらしい。 それは雰囲気だけではなく、音までもが暖かいという。 自分が生まれた頃は、まだテレビもステレオもラジオも真空管式が主流であった。勿論小型のトランジスタラジオはあったものの、どこの家庭にも大型の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

現代子供を感動させよう! 電子ブロック EX-150

子供達は感動しなければ興味を持たない。興味を持たなければ勉強も身につかないのだ。 この日本には、ダイヤブロックやレゴのように、ブロックを組み立てる事で様々な電子回路を堪能出来、自由に電気・電子の実験が出来る子供向けの凄いものがある。 右にあるのが電子ブロック/緑色のブロックが電子パーツ 丁度フレックス1石+ICアンプラジオ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

電池不要ラジオ!子供の夏休み工作にお奨め

欲しい電池が手に入らない。ポケットサイズのラジオも店頭から消える。勿論震災の影響なのだが、いままでそんな事が起きるなど考えた事も無かった。 そこで思いついたのがこれだ。電池のいらないラジオ。 懐かしい~。 今、電池が無くて困っている訳でもなく、ラジオが無くて不便を感じている訳でもないのだが、こんなご時世、正に今のテ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

ボトル・ライティング・アート 誕生!

LEDライトの簡易ランタン・・・という写真を撮っていた時に、ちょっとした応用とお遊びが、なかなか興味深い領域にたどり着いた。いかがでやんしょ? LEDライトにエアーキャップを巻きつけることで簡易ランタンになる(昨日のブログ記事)ことを説明しやすい写真を撮った後、横に置いてあったウイスキーのボトルをLEDライトの上に乗せてみ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

停電時の照明あれこれ

昼間の停電ならともかく、夜の停電は意外と心細いものである。 そんな時、絶対的な味方になるのがラジオと灯かりであろう。 何人かの友人には話したが、この10年ほど強く感じていることは、今地球は数千年に一度の大地殻変動期の入り口にさしかかっているのではないかということ。 そんな中、今回の計画停電騒動でひとつ驚いた事がある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3D モナリザ

モナリザの3Dバージョンも作ってみた。ダビンチの実際のイメージに近づけただろうか? 額、鼻、頬、胸、あまり強調せずに自然な感じにしてみた。 天下のルーヴルに行っても、立体のモナリザは見れないのだ。(笑)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3D 燃えるキリン

あのサルバドール・ダリの『燃えるキリン』。小学生のときに衝撃を受けた作品。これを立体で見てみよう。 ということで3D化してみた。立体に見えるかな? 右腕、左腕、頭、足元の衣服、引き出し、奥の人、キリン、更に奥の人、山、雲 ・・・ それほど精密に作った訳ではないけど、よければ見てみてくだされ。 立体に見えない人は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NewQSL到着。

JG1GIXやJH1CZU他にご意見を頂いた新QSLカードが昨日印刷からあがり我が家に届いた。 今回もまたPP貼りの一応最上級の仕上げにしてみた。 因みに左上の無線機は大村崑ご夫妻が使用していた現物 めったに電波を発射しない俺だが、それでも未発送のQSLが結構溜まっていた。 徐々に書くか・・・とも思ったが、昨日も今日も天…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

クリエートデザイン2X720建設

430MHz10エレスタックを使用していたのだが、この夏、何故かもう少し利得の高いアンテナを使ってみたくなった。 そんなわけでクリエートデザインの2X720(20エレスタック)を上げることにした。 10月9日(土)にCD社より宅配でアンテナが届き、翌日屋上にあげる。 むむっ・・・・・・ デカい!! …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

KHS F20-Westwoodにバーエンドを付けてみた

Westwoodは乗っていて楽しいバイクだが、そのコンパクトさが故、ハンドルが少し近い。平坦な長距離を走るときは、もう少しロードレーサーに近いポジションを取りたくなる。そこで少し長めのバーエンドを取り付けてみた。 MTBではグリップポジションを状況に応じて変えたり、意味も無くポジションを変えることで体勢を変化させ疲れないよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KHS F20-Westwood 折りたたみ式ペダルに交換

昨日、Westwoodのペダルを折りたたみ式ペダルに交換した。 今のペダルもカッチョいいし、漕ぎ易いのだが、やはり折りたたみ式のチャリなので、折りたたんだ時のコンパクトさを追求し、折りたたみ式ペダルに交換した。 折りたたみ式ペダルを色々探してみると、折りたたんだ割には突起部が大きく、あまり意味がなさそう・・・という製品が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フロントサスペンションフォークの交換

ちょっと前の話になるが、愛車1号 GaryFisher Rangitoto(1995) のフロントサスペンションを交換したので、一応載せておこう。 今回の特徴は高価な特殊工具を一切使用しなかったことかな。 愛車1号は、もう15年も前のMTBで、当時純正でセットされていたフロントサスがヘタっていたので交換することにした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スプロケット交換

先日MTBのカセットスプロケットを交換した。 オリジナルでセットされていたものはSRAM社のPG950。SRAM社は好きだが(職業柄ロゴが良い!)、オリジナルのそれは450gを超える重量。今回交換したものはシマノのXT。 シマノのXT/CS-M770の重量は300gを切る。なんと同じ歯数でオリジナルのSRAMに対し150g以上の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more