KHS F20-Westwood ドライブトレイン改造

車道や舗装道でのスピードに限界を感じ、クランクをギア数の多い(52-39-30T)に変更してみた。同時にBB、フロントディレーラー、前後シフター(グリップシフトからラピッドファイアー)、チェーン、更にスプロケを8sから9sに変更した。 《お願い》 はじめにお断り申し上げますが、本記事は既存パーツによる個人的な勉強とテ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

KHS F20-Westwood ブレーキシュー交換

先日(2011/06/05)書いたように、ブレーキブースターの使用により、リアブレーキの効きは良くなったものの、ブースターで力任せに効かせている様でイマイチ納得していなかった。そこでブレーキシューを変えてみた。 ブースターの使用で効きが良くなったのであれば、それで良いではないか。と思う。 が、なんか気持ちが悪い。というの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

子供WEB美術館

この世の中の様々な出来事、もの、景色、生き物は子供のピュアな心にどのように映っているのだろうか? この記事、新たな作品が届き次第、毎回更新していこうと思う。 友人が自らの三人の子供の作品を時々メール添付で送ってくれるのだが、これがなんとも言えず凄い。思わずうなってしまう。発想、色使い、ダイナミズム、レイアウト・・・ もしや天才な…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アナログメーター or デジタルメーター

デジタルメーター、アナログメーター、好みは人それぞれだが、自分はどちらかと言うとアナログメータ派。 引越し時に泣く泣く手放したSONYカセットデッキ 自分がオーディオや無線に興味を持ちはじめたのは、まだ小学生の5,6年の頃であったが、基本全てがアナログメーターであり、照明やメーターパネルの色、メーターの大きさや向き(上下、横…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

KHS F20-Westwood ブレーキブースター装着

自分のF20-Westwoodのブレーキ、特にリアブレーキにもっとパワーを! そんな訳で、現代は流行らない手法ではあるが、ブレーキブースターを装着してみた。 以前 《KHS F20-Westwoodでオフロードを走る/2010.8.14》 にも書いたように、自分のF20 Westwoodはブレーキの効きがイマイチ甘い。下…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

WS020SH大容量バッテリー

日本で始めてのスマートフォンWILLCOM W-ZERO3の4代目の機種 WILLCOM 03 WS020SH。 バッテリーがいい加減へたってきた為、サードパーティー製の大容量バッテリーに交換してみた。 どんなバッテリーも、やはり寿命がある。充放電を繰り返しているとキャパシティーが減ってくる。自分のi-pod Touch…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

真空管ラジオの温もり

真空管(電子管/エレクトロンチューブ)の電化製品には、なんともいえない温もりを感じる。それはオーディオアンプにも言えることらしい。 それは雰囲気だけではなく、音までもが暖かいという。 自分が生まれた頃は、まだテレビもステレオもラジオも真空管式が主流であった。勿論小型のトランジスタラジオはあったものの、どこの家庭にも大型の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ザ・挑戦! 美しきハンター『カワセミ』の撮影

町田市の市の鳥 『カワセミ』。実はサイクリングでよく使う通り沿いにカワセミが生息している。本日初めて自分も一眼レフで撮影してみた。 獲物捜索中であります 鶴川から少し西に行ったところにカワセミの生息域がある。 サイクリングで何度も通っていると、もの凄いスピードで一直線に川面を低空飛行するエメラルドグリーンのカワセミを良く見…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

現代子供を感動させよう! 電子ブロック EX-150

子供達は感動しなければ興味を持たない。興味を持たなければ勉強も身につかないのだ。 この日本には、ダイヤブロックやレゴのように、ブロックを組み立てる事で様々な電子回路を堪能出来、自由に電気・電子の実験が出来る子供向けの凄いものがある。 右にあるのが電子ブロック/緑色のブロックが電子パーツ 丁度フレックス1石+ICアンプラジオ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

電池不要ラジオ!子供の夏休み工作にお奨め

欲しい電池が手に入らない。ポケットサイズのラジオも店頭から消える。勿論震災の影響なのだが、いままでそんな事が起きるなど考えた事も無かった。 そこで思いついたのがこれだ。電池のいらないラジオ。 懐かしい~。 今、電池が無くて困っている訳でもなく、ラジオが無くて不便を感じている訳でもないのだが、こんなご時世、正に今のテ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

第4回鶴川カップとHAM仲間

Mr.Swanが超多忙(土日も出勤)にて、HD-4の威力を発揮出来ぬと嘆き悲しむ中、JG1GIXと第4回鶴川カップを行った。その後、何故か無線仲間4人でのミーティングと相成った。 自粛ムードということもあり、Mr.Swanの必殺激務ということもあり、久しくビリヤードから遠ざかっていたが、ついに第4回鶴川カップが再開された。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ボトル・ライティング・アート 誕生!

LEDライトの簡易ランタン・・・という写真を撮っていた時に、ちょっとした応用とお遊びが、なかなか興味深い領域にたどり着いた。いかがでやんしょ? LEDライトにエアーキャップを巻きつけることで簡易ランタンになる(昨日のブログ記事)ことを説明しやすい写真を撮った後、横に置いてあったウイスキーのボトルをLEDライトの上に乗せてみ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

停電時の照明あれこれ

昼間の停電ならともかく、夜の停電は意外と心細いものである。 そんな時、絶対的な味方になるのがラジオと灯かりであろう。 何人かの友人には話したが、この10年ほど強く感じていることは、今地球は数千年に一度の大地殻変動期の入り口にさしかかっているのではないかということ。 そんな中、今回の計画停電騒動でひとつ驚いた事がある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いざ停電!オール電化のコンロ対策

最近オール電化の家が増えてきている。 3年ほど前に二世帯住宅に建て直した我が家も、エコにちなんでオール電化に。 太陽発電のご提案もあったが、飛んでも八分。そんな金はないのだ。 先日こたつでなべをつつきながら、カセットコンロのガスが無くなるから、また買ってこなくては・・・ と思っていた矢先に地震が発生。鶴川原人の生息し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今こそ、皆で踏ん張ろう!

「東北地方太平洋沖地震」により被害を受けられた方々に、心よりお見舞い申し上げます。 同時に、まだ行方の明らかでない人たちのご無事を心よりお祈り申し上げます。 また震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。 今まで自粛と節電によりブログアップを控えていたが、少しだけ書いてみることにする。 毎日のように目に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3D 燃えるキリン

あのサルバドール・ダリの『燃えるキリン』。小学生のときに衝撃を受けた作品。これを立体で見てみよう。 ということで3D化してみた。立体に見えるかな? 右腕、左腕、頭、足元の衣服、引き出し、奥の人、キリン、更に奥の人、山、雲 ・・・ それほど精密に作った訳ではないけど、よければ見てみてくだされ。 立体に見えない人は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NewQSL到着。

JG1GIXやJH1CZU他にご意見を頂いた新QSLカードが昨日印刷からあがり我が家に届いた。 今回もまたPP貼りの一応最上級の仕上げにしてみた。 因みに左上の無線機は大村崑ご夫妻が使用していた現物 めったに電波を発射しない俺だが、それでも未発送のQSLが結構溜まっていた。 徐々に書くか・・・とも思ったが、昨日も今日も天…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

第3回鶴川カップ-氷との死闘

2月12(土)夜、久しぶりにMr.Swanから鶴川カップの挑戦状が届き、12日~13早朝にかけて熱き戦いが行われた。 この夜は放射冷却で異常に冷えており、夕刻までの雨の影響で鶴川の路面は部分的に凍結していた。我が家まで迎えに来てくれたMr.Swanのパジェロに乗り込むときに、俺の必殺TIGERバッシュ(俺たちが全盛期だった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

みんな悩んで大きくなるのだ。

二日連続の飲み会が少し辛くなってきた今日この頃・・・ 気心が知れた仲間と過ごす時間は素晴らしい。 しかし、たまには一人で少しのウイスキーなんぞをお供に、静かに自分を見つめるのも、なかなかいいものだ。 ソッ ソッ ソクラテス か プラトンか ニー ニー ニーチェ か サルトルか み~んな悩んで大きくなった♪ 幼心に刻ま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more