鶴川原人の秘密基地/T.Harada

アクセスカウンタ

zoom RSS Ibanez PS10II ペグツマミを交換してみた。

<<   作成日時 : 2016/05/02 19:27   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

米ロックバンド "KISS" ポール・スタンレーの名を持つギター、Ibanez/ PS10U のペグツマミを変更し、1979オリジナルに近づけてみた。

画像
右の半円のものがPS10IIのオリジナル


PS10U は良く出来たモデルだとは思うが、ペグのツマミ形状が楕円であり、個人的に、これがずっと引っかかっていた(10U、120BK、40BKオーナーには同じことを感じている人もいるのではないだろうか)。
そこで、まだ2015再販シリーズの余韻が残っている今がチャンスと思い、ダメもとで現用機のペグのフルセットをオーダー出来るか否かをアイバニーズに確認してもらった(感謝のイケベ楽器アキバ店様にて)。
すると翌日イケベ楽器様から連絡があり、取り寄せ可能との事(金額は左右フルセットで8,000円に達しない額)。即オーダーし、取り寄せてもらった。

ペグ本体にも様々な形状があり、PS10U のそれは、回転防止のピンが本体内部に隠れる様になっているが、取り寄せた現用品はペグの外側でネジ止めする構造。これに変える場合はヘッド裏にネジ穴を開けなければならない。やれば簡単な作業ではあるが、オリジナルボディーに穴を開ける事に抵抗があったため、ツマミだけを交換することにした。
が、旧ペグの軸径と、現用品の軸径が異なり(旧のほうが若干太い)、そのままではツマミが入らないではないか。当然予想はしていたが。そこで面倒ではあるが、ツマミ6個分の穴の径をアップする作業をしなければならなかった(車のエンジンでいえば、ボアアップ作業である)。しかも、空回り防止の為の平な二面を内部に残しつつの作業。正直これはかなり厄介な作業であった。

う〜ん、1979オリジナルに一歩近づいた。
一応、オリジナルツマミも保管している。


〜余談〜

このPS10、もとは富士弦楽器製造(フジゲン)で開発され、海外市場向けにアイバニーズ(星野楽器)/アイスマン、国内市場向けにはグレコ(神田商会)/ミラージュとして販売されていたものである。
つまり、れっきとした日本デザイン&日本製なのであり、これは世界に誇れることである。

PS10はKISS初来日(1977)の二年後の1979年にアイバニーズからポール・スタンレーモデルとして発売された。
当時中学3年ポックリの自分は、高校受験終了後に4万円程のモーリスのアコギを手に入れるので精一杯であったが、本ブログにも何度となく登場している Mr.Swan は受験後に、なんと憧れのPS10をあっさり購入した。週末の日曜に新宿KEYにつき合わされたのを覚えている。

1992年にPS10が再販されたが、ボンビーマンの自分にとってはやはり高価過ぎる代物であり、結局指をくわえて横目で眺めていた。

1995年、KISS来日の度に一緒にライヴに出かけていた会社の後輩の結婚式の二次会が新宿であり、早めに現着した自分は、たまたま同ビル1Fにあった石橋楽器にぶらっと立ち寄った。
そこで真っ先に目に飛び込んで来たのが PS-10U であった(確か店内センターにぶら下がっていたように記憶している)。上位モデルに PS10LTD があり、こちらはミラーパーツがゴールドで、ポール直筆サイン入りの鑑定書が付いていた。
KISS仲間の目出たい結婚式の日に PS10 に偶然出会う!
いや、これは偶然ではなく、必然だ! VOICE OF GODに違いないと自分に言い聞かせ、ほぼ何も考えずに衝動買いした。当然リミテッドは無理で、PS10Uを購入したのであった。

因みにPS10Uであるが、初期は日本国内で生産されていたが、事情により途中から韓国での生産に切り替わった(メーカー担当者談)らしい。自分のモデルは Made in JAPAN とヘッドの裏に記されているので初期モデルのようだ。日本製と韓国製、ボディとネックの付け根形状、フィンガーボードのインレイ(両サイドのシルバー部)、ボディリア面の可変抵抗キャップ形状等に違いがあるようである。

PS10シリーズはその後も PS10CL(1996)、PS10BK & PS1CM(クラッシュドミラータイプ) & PS120BK & PS40BK(いずれも2015)と再販されたが、パーツが若干異なるのである。その意図は不明だが、1979オリジナルモデルの価値をキープし、上位モデルとの差別化をする為かもしれない。


画像
たまにはこういうのも読んでみよう。。。。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Ibanez PS10II ペグツマミを交換してみた。 鶴川原人の秘密基地/T.Harada/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる