鶴川原人の秘密基地/T.Harada

アクセスカウンタ

zoom RSS TS-690D修理完了。

<<   作成日時 : 2011/08/11 13:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 3

数年前からTS-690DのAF GAINが不調。殆ど音が出ない状況となったが、今回修理を試みたところ意外と簡単に治すことが出来た。

画像


実はこのTS-690D、結婚して市川市のマンションに入る時に、非常にコンパクトで、WARCバンドを含むHFと6mのオールモードにオンエア出来、更にゼネカバと、非常に画期的で文句無しのリグだと思い、会社帰りにぶらっと立ち寄った秋葉原で新品を衝動買い(といっても金額的には相当悩んだ)したものだ。感度も良く、個人的には気に入っている。

ところが数年前よりAF GAINの調子が悪くなり、日に日に音量が小さくなっていき、ついにはAF GAINを最大にしても殆ど音が出ない状況となってしまい、暫らく使用していなかった。
KENWOODに修理の可否を問い合わせてみたところ、可能との事であったが費用概算がなんと最低15,000円程度はかかるとの事。なるほど、おそらく殆どが技術料というものだろう。それは今も昔も変わらず当然の費用だろうと思う。しかし、15,000円もあったらフィルタが買えるぞ・・・などとセコい考えがふつふつと沸いてくる。

昔のFT-101E/ESなどは取説に各部の調整方法が記されていたり、メンテナンス本もあるので何とか自分で手を入れられるのだが、最近のリグは、正直ド素人の自分の手には負えない。
とはいえ、とりあえず回路図とテスターを引っ張り出し、リグのオペにトライしてみることにした。それで判らなければ修理に出そうということで。

症状から、おそらくオーディオ系であることはほぼ間違いない。
回路図を出力側から、さっと追ってみると、
L12、C104、C103・・・μPC2002V(AFアンプIC)、まずはこの辺を入り口にチェックしてみる。
基板はIF-UNIT。

画像
おぉ、なんと! ケミコンがぁ・・・・・


TS-690Dのカバーを外し、IF UNIT上の基板を追いかける。
L12、C104・・・を探すまでもなく、すぐに目に飛び込んできたのが、補助セラフィルの隣でお亡くなりになっているケミコン(電解コンデンサ)。
なっ、なんじゃ〜こりゃ〜〜っ!?

画像
回路図上の問題のケミコン C104


基板のパーツナンバーを見るとC104!
470μF/10V。回路図のAFアンプ用のC104で間違いない!
思わずニンマリ。これだ〜!
早速15W半田ごて(他の電子部品をぶっ壊すといかんので10〜15W程度が良いと思われる)と、半田吸取り機・・・
と、オペの準備にかかる。

画像
690の底面カバーを開けたところ
手前の大型基板がIF UNIT
赤いマークが問題のケミコン


画像
コネクタとビスを外して基板を取り出す


画像
オペを待つ患者 IF UNIT基板


画像
ケミコンを抜き取ると液漏れが基板を部分腐食させている


ケミコンの大きさを確認し、翌日会社帰りに秋葉原へ。殆どのパーツ屋は18時過ぎに閉まってしまうが、実は21時ちかくまで(一応正規には20時半とのこと)開いている、知る人ぞ知る必殺電子パーツ屋が末広町交差点の傍にあるのだ。それが意外と何でも揃ってしまうから非常に有難い。

考えてみると、何でこのケミコンだけこんな状態になるのだろう?過負荷?それともこの個体が不良?
同一メーカー製もあったが、今回は異なるメーカー(日本ケミコン)のもので、耐圧を16V(オリジナルは10V)、耐熱は同じ105℃のものを購入した。一本45円也。

画像
左がお亡くなりになったもの、右が新品


画像
基板をクリーンアップして新しいケミコンを装着


基板を本体シャシーに戻し、ビス止めし、コネクタ類をすべて接続したあと、電源を投入。
最小に絞っておいたAF GAINを上げていく。おっ、元気良く音が出るではないか!とりあえず完治かな。
電源を抜き、更に見た目でおかしな部品が無いことを全体的に確認して、カバーを閉めて今回の作業は無事終了。

結果的に総費用は部品45円+交通費160円の計205円で済んでしまった。

TS-690Dが元気良く動き出したら、ついつい調子にのってしまい、CWフィルタYG-455C-1の中古を購入、IF UNITに追加してしまった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして、
 私が所有するTS-690も、AFゲインをMAXにしても、「音が出ない」症状が突然やってきました。
 このブログがヒットし、手元の回路図を確認し、移植用のコンデンサーを購入後、交換をしたら復帰致しました。
 大変 助かりました。
 ありがとう
この結果を私のブログにアップ致しました。 
http://blog.livedoor.jp/ja1ggq-ja1ggq/archives/69355378.html
JA1GGQ
2017/02/28 14:59
初めまして、GGQ OM。
わざわざご丁寧にありがとうございます。
復活してよかったです。
当時はコストを抑えるために、安い部品も使わざるを得なかったのでしょうね。実はデジタル表示パネルも部分的に発光しなくなり、ジャンク品を入手し、パネルのみ交換してあります。
我が家の更に古い101や620はガリ等の物理的なダメージはあるものの、電子部品損壊というトラブルはいまのところまだないですね。非常に頑丈です。
鶴川原人
2017/02/28 15:37
 我がシャックのリグは、全て更年期になり、2ヶ月に1回は、ダミーロードでリハビリをしてますよ。
特にFTDX-100 は、要介護5、特別介護施設(メーカー)に入所させたいのですが、断られました。
 FT-401、TS-520、FT101E、FT-201は、要介護3レベル。
 そんな時、鶴川OMのブログがヒットしましてね、回路図を見る事なくコンデンサーを交換することが出来ました。
 ありがとうございます。
 私の道楽は、沢山ありましてね、OLD DAHONのメンテナンスも楽しんでます。
 また 立ち寄らせてもらいます。
 de JA1GGQ CU
de JA1GGQ / JA1...
2017/03/13 22:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
TS-690D修理完了。 鶴川原人の秘密基地/T.Harada/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる